Loading...
未分類

銀行カードローンとキャッシングは同じではない

銀行カードローンというと、カードローンと同じ内容だと思ってしまいそうですが、返済の方法がちがいます。一括で返済をするという目的でクレジットカードを使い現金を下ろすのがキャッシングで、分割払いが願望だという時はカードローンと呼ばれています。
カードローンは毎月の返済は楽ですが、利息を考慮しなければなりませんし、どちらにしても延滞の際には注意が必要といえます。
銀行カードローンを利用しようとするにはどの金融会社を選ぶが大変大事なことです。借入時及び返済時の条件が重要なのは当然ながら、金融会社のサイトの情報を読んだだけで決断すると間違った選択をしてしまうこともあります。
やはりどの金融会社にするかの決断には一般の評判も注目すべき材料ですし、口コミの内容もよく吟味して選択することが必要です。
繰り上げて借金を返すシステムを利用すると現金自動預払機からクレジットカードで借りたお金の借金する期間を短くしたり、総返済額を劇的に減らすことが出来るようになります。
でも、融資の契約内容によっては繰り上げてお金を返すことが不可能な場合やある一定以上の金額でなければ繰り上げ返済ができないこともあるので注意した方がいいかも知れません。
キャッシングは借り換えが自由なのも一つの魅力でしょう。
万が一、いい条件で借りられる所があれば、その会社からお金を貸してもらって、前の会社にお金を返済すればいいのです。
このようにして借り換えを使えば、より都合のよい条件で利用可能なこともあります。
消費者金融から借金をしたいと考えた時、幾らまで借りられるものなのか?と疑問に感じてしまう人も多いのではないでしょうか。出来る限り多く借りられるようにしたいと思うかも知れませんが、法律があるため年間の収入の1/3までが限度と定められいて、借り入れができないのです。
銀行カードローンのリボ払いは返済しやすい方法ですが、その反面、リスクも高くなります。
そのリスクは、毎月返済する金額に利子が多くかかってしまうことです。
一括で返済する場合なら利子は一ヶ月分だけしかかかりませんが、リボ払いは返済するまでの間、利子が発生します。
そうはいっても、リボ払いは、月々の支払い額が少ないので、負担のかからない返済方法です。
一昔前は借金が返済できないとしつこい取りたてがあっ立と聞くのが、消費者金融ではないでしょうか。
ですが、最近ではそんなことは全然ありません。
そういう事をすると法律違反になるのです。
ですので、取りたてが怖くてお金を借りるのはイヤだと不安をおぼえる必要はありません。
お金を借りるのはカードを使うものばかりではないのです。カードを作らなくてもキャッシングできる手段もあるのです。
カードを使用しない場合は所有している銀行口座に直接にお振込みして貰うといった感じで銀行口座にすぐに入金したいという人には便利な方法でしょう。